おすすめの無料日記アプリ9選!写真日記や有料アプリも紹介!【iPhone・Android】

本ページはプロモーションが含まれています

毎日の出来事や感じたことを書き留めておく日記。

しかしなかなか日記帳を開いて書くのが面倒で、三日坊主になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがアプリを利用して日記をつける方法です。

アプリなら通勤通学の隙間時間や、就寝前のちょっとした時間にも日記を残すことができます。

文字だけでなく、写真を使っての記録に対応したアプリもあります。

こちらのページではおすすめの無料日記アプリをご紹介しますので、ぜひあなたに合ったアプリを探してみてくださいね。

目次

【iPhone・Android】おすすめの無料日記アプリ9選

それでは早速、iPhoneやAndroidで使えるおすすめの無料日記アプリをご紹介します!

まずは今回ご紹介する日記アプリについて、比較できるよう簡単にではありますが、一覧表にまとめてみました。

アプリ名 カスタマイズ 写真添付 検索機能 バックアップ
いつログ 日記×写真
みてね ×
※動画も含め可能
× ×
おとなの日記帳
※枚数制限なし
× ×
My日記
シンプル日記
※10枚まで可能
DAILY NOTE
瞬間日記
※iOSのみ音声/動画対応
10年日記
※音声/動画対応
かわいい日記帳
※枚数制限なし

アプリの使いやすさや思い出の残しやすさは、それぞれのアプリによって異なります。

長く続けられそうなアプリを選んでみてくださいね。

いつログ 日記×写真|写真日記アプリ

引用元:App Store

料金 無料
※アプリ内課金あり
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
検索機能 あり
セキュリティ ロック機能あり
バックアップ
同期
対応デバイス 各種スマートフォン

「いつログ 日記×写真」は日々の出来事を手軽に記録できるアプリです。

日記としてはもちろん、メモやToDo、手帳代わりに活用することも可能です。

SNSに投稿するような感覚で、短い文を添えて写真と一緒に記録できるので、一瞬一瞬の気持ちや出来事を逃すことなく残すことができます。

ログを作成する際、色分けしたり、手書きフォントに切り替えたりといった細かい設定も行えます。

自分だけの可愛い日記を作りたい方におすすめの日記アプリです。

また、いつログ 日記×写真ではロック機能を備えています

誰かに見られる心配がないので、プライベートな内容もどんどん記録できるのも人気の理由の一つです。

セキュリティ面でも安心な いつログ 日記×写真ですが、SNSでの共有も可能ですので、必要に応じて色々と使い分けながら活用してみてくださいね。

みてね|写真を共有できる家族アルバム

引用元:みてね

料金 無料
※アプリ内課金あり
カスタマイズ 不可
写真添付 動画も含め可能
検索機能 なし
セキュリティ なし
バックアップ 不可
同期 不可
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット

ママの3人に1人が使う 利用者数&満足度No.1家族アプリ「みてね」は、お子さまの成長をしっかり残したいというパパママにおすすめのアプリです。

写真や動画が無料かつ無制限でアップロードできるうえ、コメントが添えられるようになっているため、撮影時のことを日記のように記録として残せます。

おじいちゃんやおばあちゃんといった家族も招待すれば、リアルタイムで写真をチェックすることができます。

離れて暮らしているとなかなか会わせてあげられない孫の成長も、アプリを通して伝えられるのは嬉しいですよね。

なお、アップロードした写真は月別に見返せます。

写真や動画を見ながら、あの頃どんなことが出来て、どんなことにハマっていたかなんて話ができるのも、みてねが多くの人に愛される理由の一つです。

みてねは私も5年ほど利用していますが、個人的にはアップロードした動画を繋ぎ合わせた1秒ムービーが届くのが一番の楽しみだったりします。

わずか数ヶ月でも驚くほど成長した子供たちの姿が動画の中にはあって、毎日大変だけれど今しかない育児の時間を大切にしたいという気持ちになります。

さらにアップロードした写真は、フォトブックやDVD、写真プリントとして形に残すこともできます。

誕生日などの節目にお気に入りの写真をピックアップしてみてはいかがでしょうか。

おじいちゃんやおばあちゃんへの贈り物としてもおすすめです♪

おとなの日記帳|上限なしで写真を添付

引用元:App Store

料金 無料
※アプリ内課金あり
カスタマイズ 不可
写真添付 可能
※枚数制限なし
検索機能 なし
セキュリティ パスコードロック機能あり
バックアップ 不可
同期 不可
対応デバイス 各種スマートフォン

とにかくシンプルで使いやすい日記アプリをお探しの方におすすめなのが「おとなの日記帳」です。

あれこれカスタマイズするような機能は備えておらず、軽量でサクサク操作できるのも魅力の一つです。

無制限で写真の添付ができるので、旅行に出かけた時やお子さまのライフイベントなど、写真を添えて記録に残しましょう。

また、おとなの日記帳にはキーボード機能というものがあり、文字入力の際コピーやカット、写真の挿入など全てキーボード上で行えます

そのため、長文の日記が書きやすいのも嬉しいポイント◎

日記を書いた日は、カレンダーでチェックすることができるので、あの日あの時何をしていたかと振り返るのにも便利です。

My日記|シンプルな日記アプリ

引用元:My日記

料金 無料
※アプリ内課金あり
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
検索機能 あり
セキュリティ ロック機能あり
※指紋認証対応
バックアップ 可能
同期 可能
対応デバイス 各種スマートフォン

「My 日記」は、その日の出来事や写真を書き留められる日記アプリです。

My日記では、たくさんのテーマカラーの中から、自分のお気に入りの色を選ぶことができます。

さらに日記を書く際には、文字フォントの種類やサイズ、明るさ、行間まで細かい設定が行えます。

自分だけのオシャレで可愛い日記を楽しみたいという方におすすめです。

なお、書いた日記はリストまたはカレンダー形式で見返すこともできます。

写真を撮影した時にどんなことを感じていたのか、たまに見返してみると面白いかもしれませんね。

検索機能も備えているため、日時が思い出せなくても過去に書いた日記をすぐに見つけられます。

ただ記録するだけでなく、定期的に思い出を振り返りたい方にぴったりの日記アプリだといえますね。

シンプル日記|デザインのカスタマイズが自在

引用元:シンプル日記

料金 無料
※アプリ内課金あり
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
※10枚まで
検索機能 あり
セキュリティ ロック機能あり
バックアップ 可能
同期 可能
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット

AppStore”日記”検索No.1の「シンプル日記」

人気の秘訣はなんといってもシンプルかつ高性能な使い勝手の良さにあります。

シンプル日記は、起動したらワンタップでその日の出来事を書き記せます。

1日に書ける本数も決まっていないので、メモ感覚で活用することもできますね。

またシンプル日記では、日記のテーマカラー・アプリアイコン・フォント・文字サイズ・行間のカスタマイズも可能です。

とにかくシンプルで使いやすさにこだわりたい方はもちろん、あれこれカスタマイズして使いたいという方にもおすすめの日記アプリです。

思い出がたくさん詰まった日記アプリは、機種変更の際にデータの引き継ぎがちゃんとできるのかと不安になりますよね。

シンプル日記ならバックアップが無料ですので、日記のデータをそのまま次のスマートフォンへ引き継ぐことができるのも嬉しいポイント◎

iOSからAndroidへ、またAndroidからiOSへのOS間のデータ移行は対応していません。

DAILY NOTE|シンプルなデザイン

引用元:App Store

料金 無料
※アプリ内課金あり
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
検索機能 あり
セキュリティ ロック機能あり
※パスコード/指紋認証対応
バックアップ 可能
同期
対応デバイス 各種スマートフォン

「DAILY NOTE」はシンプルで動作も早く使いやすい日記アプリです

フォントや背景など自分好みにカスタマイズできますが、どのスタイルも洗練されたシンプルさを感じるデザインで統一されています。

そのため、シンプルなデザインが好きな方や、キラキラした日記は年齢的に恥ずかしいという大人の方向けの日記アプリだといえます。

作成した日記はリストやカレンダー形式で見返すのはもちろん、キーワードを入力すれば検索も可能です。

さらに日記やTodoリスト、メモなどノートブックごとに分けて管理することもできます。

瞬間日記|SNS感覚で記録

引用元:瞬間日記

料金 無料
※アプリ内課金あり
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
※iOSのみ音声/動画対応
検索機能 あり
セキュリティ ロック機能あり
※パスコードロック対応
バックアップ 可能
同期 可能
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット/パソコン(Mac)

SNS感覚で使える日記アプリをお探しなら累計3,000万ダウンロード突破の「瞬間日記」がおすすめ◎

他の日記アプリと大きく異なるのが、140文字という限られた文字数の中で記録するという点です。

140文字の制限は解除も可能ですが、長々と書けない分あれこれ考えながら書いていくのも面白いですよね。

また、瞬間日記では写真のほか、スタンプを取り入れたり、iOS版であれば音声や動画と一緒に書き留められます。

本当にまるでSNSですよね。

さらに、トップ画面が選べたり、スタンプやフォントサイズも自由自在にカスタマイズすることもできます。

ただ単に思ったことを書き留めていくのではなく、世界に一つ自分だけの日記帳を作っていくような感覚で楽しめるのも魅力の一つです。

そのため、日々の生活の中で感じたことや楽しかったことを、逐一記録して残したいマメな性格の方におすすめの日記アプリです

バックアップや同期にも対応していますので、大切なデータを紛失する心配もありません。

大切な思い出をたくさん残していってくださいね。

10年日記|10年の記録を残せる多機能アプリ

引用元:10年日記

料金 無料
※アプリ内課金あり
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
※音声/動画対応
検索機能 あり
セキュリティ ロック機能あり
バックアップ 可能
同期 可能
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット/パソコン(Mac)

「10年日記」は、その名の通り1ページに同月同日を10年間記録することができる日記アプリです。

2年目以降、過去の同じ日付の時に何をしていたのかが表示されるよう作られています。

わざわざ検索して過去の日記を見返すのではなく、毎日表示されるため、数年前の自分が何をしてどんなことを考えていたのか一目瞭然です。

また10年日記では、その日の気分や天気、さらには位置情報まで自動的に記録されるようになっています。

食べた物を記録したり、ダイエット記録を残したり、育児記録に活用したりと様々な使い方ができますね。

10年という長い期間使用していくとなると、途中でスマートフォンを新しくすることもありますよね。

10年日記ではアカウントでログインしておけば、機種変更してもデータの引継が可能ですのでご安心ください。

なお、日記には写真だけでなく音声や動画まで添付できるので、文章を書くのが苦手という方も、自分にあった方法でストレスなく続けられるのも嬉しいポイント◎

10年分書き終えた時には、物凄い達成感と自身や家族の成長が感じられることでしょう。

かわいい日記帳|テーマやカラーを選べる

引用元:Google Play

料金 無料
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
※枚数制限なし
検索機能
セキュリティ ロック機能あり
※パスコード
バックアップ 可能
同期
対応デバイス スマートフォン(Android)

「かわいい日記帳」は、テーマやフォントを自分で好きにカスタマイズできるのが特徴です。

かわいいだけでなくクールなテーマも用意されているので、自分だけのお気に入りのデザインを探してみましょう。

アプリ内が可愛くなれば、それだけでモチベーションも上がって、自然と日記も続けられますね。

可愛くカスタマイズできる日記アプリを探していると、ゴチャゴチャしていて使いづらそうなアプリに出会うこともあります。

しかし、かわいい日記帳は見た目が可愛いだけでなく、使い勝手が良いのも多くの人に愛される理由の一つです。

アプリを起動したら、カレンダーから日付を選択して右下の丸いボタンをタッチ。

そして、日記が書けたらチェックボタンで保存するだけというシンプル操作ですので、書きたいことが頭に浮かべばすぐに記録することができます。

日記内には無制限で写真を添付することもできるため、大切な思い出をより鮮明な形で残せます。

おすすめの有料日記アプリ

ここまで基本無料の日記アプリをご紹介してきました。

「広告なしでもっとサクサク操作したい」

「写真をもっと活用したい」

など日記アプリの使いやすさにもこだわりたい方は、有料日記アプリを選ばれることをおすすめします。

そこで、数ある有料日記アプリの中から特におすすめのアプリを3つほどピックアップしました。

まず、3つの有料日記アプリについて、一覧表で比較してみました。

アプリ名 料金 カスタマイズ 写真添付 バックアップ
Lifebear 無料
ベーシックプラン:月額248円
プレミアムプラン:月額498円/年額4,780円 (月換算398円)
MOODA 160円
100年日記 480円
※Evernoteと同期可能

有料版というだけあって、いずれのアプリも非常に機能面で充実しています。

どんな点で優れているのかや特徴について、詳しくご紹介しますね。

Lifebear|有料プランで広告なし

引用元:Lifebear

料金 無料
ベーシックプラン:月額248円
プレミアムプラン:月額498円/年額4,780円 (月換算398円)
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
検索機能 あり
セキュリティ ロック機能あり
※有料版
バックアップ 可能
同期 可能
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット/パソコン(Web版)

使いやすい最強のカレンダー(手帳)アプリとして数々のメディアで紹介されている「Lifebear」

手帳アプリではありますが、ToDoリストやノート、日記アプリとして活用することもできる優れものです

写真を貼り付けながら、その日にあったことを記録できるので、思い出を振り返るのにもワクワク感が味わえるアプリです。

手帳でスケジュール管理しつつ、実際にイベントに参加した後は、そこで感じたことを日記につけるなんて使い方もできますね。

Lifebearには1500種類以上のスタンプ、20種類以上の着せかえテーマが用意されていますので、着せ替えやスタンプでカスタマイズしながら、あなただけの日記アプリ作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

またLifebearは基本的に無料で使えるアプリですが、より快適に使いたいという方に向けて有料プランも設けています。

有料プランに切り替えれば、画像のアップロード容量が増加したり、検索期間の制限を撤廃させたりといったことが可能です。

最初は無料プランで使ってみて、良いと感じたら有料プランに切り替えてみるのも良いですね。

MOODA|写真とスタンプで気分を記録

引用元:App Store

料金 160円
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
検索機能
セキュリティ ロック機能あり
バックアップ
同期 可能
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット/パソコン(Mac)

なかなか日記が続けられないという方におすすめなのが「MOODA」です。

MOODAでは、可愛いアイコンで今日の気持ちを選んだら、写真とスタンプを使いながら日記をつけていきます。

もちろんその日の気分だけ記録する使い方もできるので、気分が乗らない日はアイコンだけ選ぶといった使い方でも構いません。

日記を書くという行為自体のハードルが大きく下がるため、これまで三日坊主で続かなかったという方も、一度騙されたと思って使ってみて欲しい日記アプリです

シンプルで使いやすく自然と続いていくので、日記アプリに限らず日記そのものに対する概念が大きく変わるかもしれません。

100年日記|Evernoteと連携

引用元:App Store

料金 480円
カスタマイズ 可能
写真添付 可能
検索機能 あり
セキュリティ ロック機能あり
※Touch IDに対応
バックアップ 可能
同期 可能
※Evernoteと同期可能
対応デバイス スマートフォン(iPhone)/タブレット/パソコン(Mac)

「100年日記」はEvernoteに記録、同期して複数のデバイスで共有できる日記アプリです。

Evernoteを経由するため、iPadやMacなど複数のデバイスでデータを共有することができ、機種変更などスマートフォン買い替えの際にも簡単に引き継ぎができます。

同期と聞くと小難しさも感じますが、使い方は他の日記アプリと大きく変わらず、写真を付けて日記を書いたり、アプリ自体のカスタマイズも楽しめます。

また、日記には1日につき3つのタグを設定できます。

タグで日記を分類しておけば、見返す時にも便利ですよね。

そのため、紙の日記を長くつけていたけれど、いつの出来事だったか見返す時に苦労していた方や、コツコツ毎日の記録を残していきたい方におすすめ◎

非常にシンプルかつ利便性が高いので、名前の通り長く使える日記アプリだといえます。

日記アプリの選び方

日記アプリにも料金や活用方法によって様々なアプリがあります。

それぞれに特徴や魅力があり、まだどれを選ぶか迷っているという方もいらっしゃると思います。

そんな方のために日記アプリの選び方についてお話ししていきます。

日記アプリの選び方のポイントとなるのは以下の3点です。

  • 記録スタイルで選ぶ
  • セキュリティで選ぶ
  • アプリの機能で選ぶ

これらの条件を参考にいくつか迷っているアプリの中から、特に使いやすそうなものを絞り込んでいきましょう!

記録スタイルで選ぶ

まずは記録スタイルで選ぶ方法です。

記録スタイルとは、文字数・デザイン・共有の有無などが挙げられます

例えば、日記アプリによっては長文の記録に対応していないものもあります。

そうなると、SNSに呟くような感覚で何か残しておきたい出来事があるたびに記録したいのか、1日の終わりに長文で記録したいのかでも選び方は変わってきますよね。

他にも日記帳を選ぶような感覚で自分でカスタマイズしたい方はカスタマイズができる日記アプリを。

1人で続ける自信がないため誰かと共有したい方は、交換日記タイプの日記アプリを選ぶと良いでしょう。

セキュリティで選ぶ

日記アプリには、日々の楽しかった思い出だけでなく、時にはネガティブな気持ちを書き込むこともあるでしょう。

そのため、誰かに勝手に見られるのはちょっと抵抗がありますよね。

スマホ本体にロックをかけておけばある程度安心ですが、それでも不安という方は、パスワードやID機能を備えた日記アプリを選びましょう。

よりセキュリティを強化したい場合には、Face ID・Touch IDに対応したアプリがおすすめです。

また、大切に記録してきたデータが消えてしまわないか不安という方は、バックアップ機能の有無も確認しておくと安心です

バックアップ機能は、スマートフォンの機種変更だけでなく、紛失やデータが消えてしまったという場合にも役立ちます。

なお、バックアップ機能は備えていてもOSが異なると使えないといったトラブルに遭遇することもあります。

iOSからAndroid、AndroidからiOSなどOSが異なるスマートフォンに乗り換える可能性のある方は、事前にバックアップ機能の詳細をチェックしておきましょう。

アプリの機能で選ぶ

何かを続けることが苦手で、これまで日記も長く続いたことがないという方は、自身が楽しめる機能を備えているかどうかで選ぶのもおすすめです◎

例えば、文章にして残すことに面倒さを感じてしまうのであれば、画像や動画で残せる日記アプリが便利です。

今回ご紹介した日記アプリも写真で残せるものばかりでしたが、アプリによっては一度に使用できる写真の枚数に制限があるものも……

写真や動画メインで記録したい方は、利用可能な枚数についてもチェックしておくようにしましょう。

中には音声で残せるタイプの日記アプリもあるので、気負わずに長く続けられそうな形式のものを探してみましょう。

また、見た目の可愛さも重視したいのであれば、手書きや文字フォントの変更ができるものを選ぶのも良いですね。

オリジナリティも出せますし、何より毎日日記アプリに記録することが楽しみになりますよ♪

最後に、日記を書き記すだけでなく定期的に見返したいという方は、検索機能の有無についてもチェックしておきましょう

検索機能がついていれば、日付が思い出せなくても簡単にその日の日記を探すことができます。

さらにタグ付けができるタイプの日記アプリであれば、同じタグをつけた日記ごとにチェックできたりするので、何かと便利です。

毎日コツコツと日記に書き留めていく作業は、その日の気分や疲れ具合などの影響を受け、意外と大変なことです。

だからこそ、自分の性格に合った機能を備えたアプリを選びたいですね。

日記アプリでよくある質問

様々な日記アプリをご紹介してきましたが、使ってみたいなと思える日記アプリはありましたか?

最後に日記アプリでよくある質問をいくつかまとめてみました!

日記として使えるWebサービスはある?

アプリではなくWebサービスで日記を楽しみたいという方は、noteやAmebaブログ、無料ブログなどを活用してみてはいかがでしょうか。

こういったサービスは無料で利用できる上に、登録が簡単ですぐに使い始めることができる手軽さが魅力です。

さらに、日記アプリと違ってスマートフォンの機種変更に伴って引き継ぎを行う必要もありません。

長期間日記を付けたいという方にもぴったりですね。

公開範囲の設定次第では、誰かに日記を共有することもできるため、1人でコツコツ書き記していくだけでなく、一種のコミュニケーションツールとして活用してみるのも面白いですよ。

PCと同期できる日記アプリは?

万が一スマホが故障した場合のデータを保持を考えると、PCと同期できる日記アプリを選んでおくと安心です。

PCと同期できれば、スケジュール管理の際にも非常に便利です。

先ほどご紹介したアプリについては、表内で同期の有無を記載しました。

その中でも「10年日記」や「Lifebear」、「瞬間日記」はPCの同期に対応しており使い勝手も良いため、特におすすめの日記アプリです。

PDF出力できる日記アプリは?

日記アプリで長年書き記した日記を形として残したいと考えた時には、PDF出力機能があると便利です。

先ほどご紹介した「10年日記」「シンプル日記」はPDF出力が可能です。

「シンプル日記」での出力は有料版のみ対応しているのですが、PDFファイルのほかHTMLファイルとRTFDファイルの3種類に出力することが可能です。

日記アプリまとめ

以上、おすすめの日記アプリをご紹介しました。

一見どれも同じに見える日記アプリですが、

利用目的や欲しい機能によっても、使いやすいアプリは違ってきます。

せっかくなら使い勝手が良く、長く続けられるアプリを選びたいものです。

今回、日記アプリの選び方についてもお話ししましたので、ぜひそのあたりも参考にしつつ、あなたにぴったりの日記アプリを選んでみてくださいね。

コメント

コメントする

目次