防災アプリのおすすめ10選!アプリの選び方も解説

本ページはプロモーションが含まれています

近年、大きな地震や豪雨・豪雪被害が毎年どこかで発生しています。

私たちにできることは万一の災害に備えて準備することですが、実際に何か取り組んでいますか?

災害への備えと言われると、防災バッグを準備したり、家具の配置を見直したりといった目に見える備えを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

もちろんそういった備えも大切ですが、災害時には町全体がパニック状態となる可能性も考えられるため、情報収集も重要です。

そこで、もしもの災害に備えて、今日からできる取り組みとして、ぜひダウンロードしておきたい防災アプリをご紹介します。

目次

おすすめの無料防災アプリ10選

今回ご紹介する無料の防災アプリは以下の10種類です。

まず初めに、今回ご紹介するおすすめのアプリの機能や配信される情報について一覧表にまとめてみました。

それぞれに特徴や優れた点があるので、比較検討しながらあなたにあったアプリを探していきましょう。

アプリ名 機能 配信される災害・避難情報 配信会社
au災害対策 災害用伝言板/災害関連情報 地震/津波/火山/警報・注意報/台風 KDDI CORPORATION
Yahoo!防災速報 避難情報/緊急地震速報・地震情報/津波予報/大雨危険度/豪雨予報/土砂災害/河川洪水/気象警報/熱中症情報/火山情報/国民保護情報(Jアラート:全国瞬時警報システム)/防犯情報/自治体からの緊急情報/お知らせ・訓練情報 地震/津波/火山/大雨/気象警報/武力攻撃 Yahoo Japan Corporation
NHKニュース・防災 ニュース/災害情報/避難情報/地震情報/津波情報/台風情報/気象情報/特別警報/警報・注意報 地震/津波/台風/警報・注意報 NHK (Japan Broadcasting Corp.)
東京都防災アプリ 避難情報/地震情報/津波情報/気象情報(警報・注意報)/土砂災害警戒情報/竜巻注意情報/噴火警報・予報など 地震/津波/噴火/大雨/竜巻 東京都
特務機関NERV防災 地震/津波/噴火/土砂災害/浸水害・洪水害/台風/気象警報・注意報/天気予報/Jアラート(国民保護情報) 地震/津波/噴火/大雨/台風 Gehirn Inc.
防災情報 全国避難所ガイド 避難情報/開設避難所情報/避難所混雑状況/気象注警報/土砂災害警戒情報/指定河川洪水情報/地震情報/津波情報/噴火情報/安否確認など 地震/津波/噴火/大雨 1st Media Corporation
みんなの防災アプリ 防災情報 leadit co.,Ltd.
ココダヨ 災害用伝言板/安否確認/見守り 地震/台風/大雨/洪水 Genetec Corporation
goo防災アプリ 気象情報/Lアラート/安否確認/防災マップ 地震 NTT Resonant Inc.
リストック 消費期限管理 Altive Inc.

こうして一覧表にまとめてみると、防災アプリには3つの種類に分類できることが分かります。

1つ目は災害情報を入手するためのアプリで、2つ目は安否確認ができるアプリ、3つ目は情報の収集や管理ができるアプリです

さらに、災害情報を入手するためのアプリは、災害の種類によっても情報が配信されるかどうかが異なります。

大地震が予想される場所や、大雨への注意が必要な河川の近い場所、活動火山が近くにある場所など、住環境は様々です。

あなたのお住まいのエリアでは特にどういった災害に気を付ける必要がありますか?

特に気を付けるべき災害については、各自治体などが配信しているハザードマップで確認することができます。

防災アプリを選ぶ際には、特に危険性の高い災害について、情報配信を行っているかどうかもチェックしておきましょう。

au災害対策

引用元:App Store

料金 無料
配信会社 KDDI CORPORATION
機能 災害用伝言板/災害関連情報
配信される災害・避難情報 地震/津波/火山/警報・注意報/台風
対応デバイス 各種スマートフォン

KDDI CORPORATIONが配信する「au災害対策」は、災害時の安否確認手段として、災害用伝言板サービスに対応したアプリです。

災害用伝言板は、震度6弱程度以上の地震などの災害が発生した際、パケット通信での安否確認が行えるものです。

災害時には、家族や友人、仕事関係者など様々な方面から安否を問う連絡が入ります。

しかし、スマートフォンなど電子機器は充電切れの心配もあるため、その全てに逐一連絡を返すことは困難です。

そこで活躍してくれるのが、この災害用伝言板サービスなのです。

災害用伝言板に自身の安否情報を入力するだけで、あなたの安否を大切な人に知らせることができます。

au災害対策では、あらかじめ家族や知人を登録しておけば、災害用伝言板に登録されたことをメールでお知らせする機能も備えています。

大切な人へ安否を伝える連絡が一括して行えるのが嬉しいですね。

さらに、登録された他の方の安否情報を確認する目的としても使用することができます。

その他、災害関連情報の配信も行っていますので、情報収集の際にも役立ちます。

Yahoo!防災速報

引用元:Yahoo!防災速報

料金 無料
配信会社 Yahoo Japan Corporation
機能 避難情報/緊急地震速報・地震情報/津波予報/大雨危険度/豪雨予報/土砂災害/河川洪水/気象警報/熱中症情報/火山情報/国民保護情報(Jアラート:全国瞬時警報システム)/防犯情報/自治体からの緊急情報/お知らせ・訓練情報
配信される災害・避難情報 地震/津波/火山/大雨/気象警報/武力攻撃
対応デバイス 各種スマートフォン/Apple Watch

4,000万ダウンロード突破の「Yahoo!防災速報」は、Yahoo Japan Corporationが配信する防災アプリです。

急な災害にも早めに身を守る行動が取れるよう、緊急地震速報などの防災情報をプッシュ通知で知らせてくれる防災アプリです。

国内3カ所の地点を登録することができる上に、現在地に関する情報も届けてもらえるので、旅行や出張先でも災害に備えられます。

さらに、登録した地点ごとの災害情報や避難情報といった被災時に必要な情報も確認することができます。

災害発生時にはマップでの被災状況の確認や、ユーザー同士での状況共有が可能です。

どんな災害がどこまで迫っているか一目瞭然なので、次にどう行動すべきなのかスピード感を持って動けますね。

Yahoo!防災速報はとにかく機能豊富で、様々な災害に対応しているのが特徴です。

大切な命を守り、情報収集に活用できる防災アプリなので、ダウンロードしておいて損のないアプリだと言えますね。

また大災害に限らず、気象情報や熱中症情報など日常生活を送る上で知っておきたい情報もチェックすることができるので、普段使いにもぴったりの防災アプリです。

NHKニュース・防災

引用元:NHKニュース・防災

料金 無料
配信会社 NHK (Japan Broadcasting Corp.)
機能 ニュース/災害情報/避難情報/地震情報/津波情報/台風情報/気象情報/特別警報/警報・注意報
配信される災害・避難情報 地震/津波/台風/警報・注意報
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット

NHKの配信する防災アプリ「NHKニュース・防災」は、災害時の情報収集ツールとしておすすめのアプリです。

情報のスピードだけで言えばSNSが早いかもしれませんが、中には誤情報やデマも紛れているので、名の知れた機関や会社が配信する情報を積極的に入手したいものです。

NHKニュース・防災なら、災害情報だけでなくニュースや速報も配信しているので、リアルタイムかつ正確な情報を集めることができます。

大地震や大雨災害が発生した際には、自治体の出す避難に関する情報を掲載するなど、各地の災害情報や避難情報を入手する上でも役立ちます。

特に気象災害情報はマップで確認することができるため、各地の気象情報も一目瞭然です。

また、各地の気象情報やニュースの配信も行っているので、普段使いの情報アプリとして活用してみてはいかがでしょうか。

東京都防災アプリ

引用元:App Store

料金 無料
配信会社 東京都
機能 避難情報/地震情報/津波情報/気象情報(警報・注意報)/土砂災害警戒情報/竜巻注意情報/噴火警報・予報など
配信される災害・避難情報 地震/津波/噴火/大雨/竜巻
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット

「東京都防災アプリ」は、その名の通り東京都の配信する防災アプリです。

災害への備えに役立つ情報を掲載した”東京防災”と”東京くらし防災”も搭載しています。

災害発生時に情報収集としての使用はもちろん、防災に対する知識を深める目的としても活用できるのが特徴です。

防サイくんという可愛いキャラクターが登場したり、絵付きで見やすいデザインになっていたりと、シンプルかつ分かりやすい内容なのも嬉しいポイント。

さらに、マンガやクイズ、ゲーム形式で防災について学ぶことができるので、お子様と一緒に防災意識を高めるうえでも非常に役立つ防災アプリです。

気象情報や緊急ブザーなど、災害時以外にも使える機能満載なので、東京都民に限らずダウンロードしていて損はありません!

特務機関NERV防災

引用元:特務機関NERV防災

料金 無料
※アプリ内課金あり
配信会社 Gehirn Inc.
機能 地震/津波/噴火/土砂災害/浸水害・洪水害/台風/気象警報・注意報/天気予報/Jアラート(国民保護情報)
配信される災害・避難情報 地震/津波/噴火/大雨/台風
対応デバイス 各種スマートフォン

「特務機関NERV防災」は、地震や津波、噴火、大雨と様々な災害に対応した防災アプリです。

気象業務支援センターの情報をもとにしており、信頼度の高い情報が得られます。

また、独自に開発した技術を使用しているため、情報配信スピードが早いのが特徴です。

大地震発生時には、迅速な判断と行動力が求められるため、こういった情報スピードの早いアプリを入れておくと安心ですね。

なお情報は、現在地や登録地点に基づいて配信されます。

出先でも万一の場合には必要な情報を得られますね。

防災情報 全国避難所ガイド

引用元:App Store

料金 無料
配信会社 1st Media Corporation
機能 避難情報/開設避難所情報/避難所混雑状況/気象注警報/土砂災害警戒情報/指定河川洪水情報/地震情報/津波情報/噴火情報/安否確認など
配信される災害・避難情報 地震/津波/噴火/大雨
対応デバイス 各種スマートフォン

「全国避難所ガイド」では、現在地周辺の避難所・避難場所の自動検索ができます。

なんと全国避難所ガイドで掲載している避難場所は15万件以上にも上ります。

3地点まで登録することができるので、自宅や実家、職場など登録しておきましょう。

さらに、現在地周辺の避難所・避難場所を自動検索して、避難所までのルート案内もしてくれます

避難所まで案内してくれるので、見知らぬ土地で災害に巻き込まれた際にも活躍しますね。

様々な情報が得られる防災アプリですが、各情報はマップで確認するようになっています。

マップ上では危険度や近隣の避難所情報なども表示されるため、目でみて瞬時に必要な情報を収集できるのが嬉しいポイント◎

各種ハザードマップ、現在地の防災情報をプッシュ通知で教えてくれる機能も備えており、避難する必要のある大災害発生時に非常に役立つ防災アプリです。

みんなの防災アプリ

引用元:Google Play

料金 無料
※アプリ内課金あり
配信会社 leadit co.,Ltd.
機能 防災情報
配信される災害・避難情報
対応デバイス スマートフォン(Android)

「みんなの防災アプリ」は、防災に関する情報を発信しているアプリです。

例えば、簡易トイレの作り方やガスの復旧方法など、被災時に知りたい情報が満載です。

その他にも被災経験のある人の体験談や防災術といった情報もチェックすることができます。

なお、みんなの防災アプリは多くの機能をオフラインで使用できるのが特徴です。

巨大地震など大災害発生時にはライフラインが寸断される可能性も高いため、オフラインで様々な情報が入手できるのは嬉しいですね。

災害時に自分の居場所を知らせることや防犯などでも使用できるブザー機能や、緊急連絡先や避難場所を登録することもできます。

いつ発生するか分からない自然災害だからこそ、日頃から防災に関する知識を高めておくことも重要です。

その情報源として、みんなの防災アプリを活用してみてはいかがでしょうか。

ココダヨ

引用元:ココダヨ

料金 無料
※アプリ内課金あり
配信会社 Genetec Corporation
機能 災害用伝言板/安否確認/見守り
配信される災害・避難情報 地震/台風/大雨/洪水
対応デバイス 各種スマートフォン

全国約34万世帯が利用するのが「ココダヨ」です。

ココダヨは地震災害に特化した防災アプリです。

緊急地震速報と連動しており、地震が発生したら登録メンバー間で安否や位置情報を即座に共有することができます

安否入力後は各メンバーに地図で現在地を共有できるため、どこにいるのか逐一連絡する手間が省けます。

同時に使用端末のバッテリー残量も確認できるようになっています。

さらに最寄りの避難所までのナビ機能も搭載しているので、土地勘のない場所で被災してもココダヨがあれば安心ですね。

またココダヨでは、見守り機能も搭載しています。

通常時には、お子さまや御家族の位置情報を確認する見守りアプリとして活用できるのも嬉しいポイント◎

goo防災アプリ

引用元:goo防災アプリ

料金 無料
配信会社 NTT Resonant Inc.
機能 気象情報/Lアラート/安否確認/防災マップ
配信される災害・避難情報 地震
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット

goo防災アプリ」は防災・災害に関する情報の提供や安否確認、避難所の検索などができる防災アプリです

事前に登録しておいた3地点に加えて現在地を把握し、設定地域の気象情報や災害情報を配信しています。

災害発生時には、各自治体が発信する災害情報や内閣官房等が発信する国民保護情報といった情報も入手することができます。

避難所・公共施設・公衆電話などが標高に応じた地図表示や、避難所への避難経路の表示機能も備えているので、避難が必要になった場合にもスムーズに行動できますね。

また、防災に関連する情報の発信や、オフラインでも使用できるよう地図のダウンロードにも対応しています。

普段から防災について知識を得たり、家族で話し合いをしたりと防災意識を高めておきたいという方にもおすすめのアプリです。

なお、goo防災アプリは2023年3月31日でのサービス提供の終了を発表しています。

災害関連の情報は、ポータルサイト”goo”内の各種サービスにおいて配信されるとのことですが、利用期間には十分にご注意ください。

リストック

引用元:App Store

料金 無料
※アプリ内課金あり
配信会社 Altive Inc.
機能 消費期限管理
配信される災害・避難情報
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット

「リストック」は消費期限管理ができるアプリです

防災への取り組みとして欠かすことができないのが備蓄ですよね。

しかし防災バッグを一度準備してそのまま放置していませんか?

備蓄している食品の消費期限は把握できていますか?

本当に必要になった時に期限切れで食べられないというトラブルを防ぐため、ローリングストックの考え方が推奨されています。

ローリングストックを取り入れる際には、今何の備蓄があるのか、何が足りないのか、賞味期限や消費期限が迫っているものはないかといった管理能力が問われます。

そこで活躍するのがリストックです。

リストックではストックしている物と、その消費期限を一覧表でチェックすることができます。

消費期限が迫ったものがあれば、通知でお知らせしてもらえるので、期限内で消費でき食品ロス削減にもつながります。

さらにストックしたい商品についてはAmazonで商品検索して登録しておくことも可能です。

他のユーザーがストックしているおすすめの商品をチェックできるため、自分では思いつかなかったような品も、事前にしっかりと準備しておけますね。

防災アプリの選び方

防災に対する意識の高まりを受け、様々な機関が防災アプリを配信しています。

もちろんダウンロードしておく防災アプリは一つでなくても良いので、いくつか持っておいて目的に応じて使い分けるというのも一つの手です

しかしいくつかに絞り込むにも、あまりに数が多くてどれを選べば良いか分からないと感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここからは防災アプリの選び方についてお話します。

防災アプリを選ぶ際のポイントは以下の3つです。

  • 都道府県や自治体のアプリを選ぶ
  • 機能で選ぶ
  • 情報のスピードや信頼性で選ぶ

なぜこれらが防災アプリ選びのポイントとなるのか、その理由について説明していきますね。

都道府県や自治体のアプリを選ぶ

まず、防災アプリの選び方のひとつに、都道府県や自治体のアプリを選ぶという方法があります。

都道府県や自治体が作った防災アプリであれば、防災情報や避難所・住んでいる地域のハザードマップといった細かい情報をチェックすることができるためです。

もちろん避難所に関する情報や、ハザードマップは事前に確認しておきたい重要事項です。

しかし、大災害が発生した場合、パニックに陥りどう動けば良いか分からなくなってしまったり、避難所が開設できないなどのイレギュラーも考えられます。

素早く正確かつ詳細な情報を入手するためにも、都道府県や自治体のアプリをダウンロードしておくと安心です。

機能で選ぶ

次に重要なポイントとなるのが機能です。

単に防災アプリといっても、機能や内容は様々。

緊急地震速報を出すアプリもあれば、安否情報を伝えるためのアプリもあります。

情報収集ツールとして活用したいのか、安否確認に活用したいのか、防災に役立つ知識を得たいのかなど、何のために防災アプリをダウンロードしようと考えているのかを明確にしておきましょう。

また、河川の近くなら豪雨災害、海の近くなら津波など、お住まいの環境によって特に気を付けるべき災害も異なります。

防災アプリによって配信する情報も異なるため、あなたが特に必要としている災害情報を配信しているかもチェックしておきましょう

しかし、多機能であればあるほど良いというわけではありません。

災害発生時には、ライフラインが寸断されスマートフォンなどの充電も限られている可能性も考えられます。

素早く正確な情報を手に入れるためにも、アプリ自体の見やすさや使いやすさ、情報収集のしやすさにも注目してアプリを選びましょう

情報のスピードや信頼性で選ぶ

災害時には、SNSなどで偽情報が出回ることが多々あります。

2016年に発生した熊本地震では、「熊本の動物園からライオンが逃げた」というデマ情報がTwitterに投稿されました。

実際そのような事は起こっていなかったものの、熊本市動植物園には多くの問い合わせの電話があり、職員が対応に追われたのだそう……

その後、デマ情報を流し動物園の業務を妨害したとして、神奈川県に住む会社員の男(20)が熊本県警に逮捕されることとなりました。

冷静になればおかしいと理解できるような情報でも、災害時にはパニック状態となっている上に、様々な情報が錯綜し、その情報が正しいのか判断するのが難しくなります。

停電していて、スマートフォンの充電が限られる状況なら尚更、短時間で正確な情報を入手しなければなりません。

そのため、正確かつ信頼度の高い情報をなるべく早く入手できるアプリかどうかも、防災アプリを選ぶ際、非常に重要なポイントとなるのです。

防災アプリに関するよくある質問

最後に、防災アプリに関するよくある質問をいくつかご紹介します。

最強の防災アプリは?

防災アプリにはそれぞれに特徴があります。

さらに必要とする機能も個人で異なるため、どれが最強と決めるのは難しいです。

今お住まいの場所や環境によって、特に気をつけたい災害や欲しい機能も違ってきますよね。

そこで、防災アプリ選びをスタートさせる前に、必要な機能やアプリの使い勝手に関する条件などをあげてから、アプリの絞り込みを行うことをおすすめします。

NHK防災アプリのインストール方法は?

NHK防災アプリは、他の防災アプリと同様にApp Store(iOS)およびGoogle Play(Android)からインストールできます。

なお、アプリの利用自体費用はかかりませんが、インターネット接続に必要な費用や通信料、携帯電話のパケット通信料などは発生します。

パケット定額契約未加入であれば、通信料が高額になるおそれがあるので、インストールやアプリ使用環境にはご注意ください。

防災アプリで重視したい機能は?

防災アプリを選ぶ際、正しい災害情報をリアルタイムで配信してくれる機能は特に重視しましょう

災害発生時には、各地の被災状況や避難所情報、物資配布情報など、普段以上に情報収集が欠かせません。

もちろんスピード感を求めるならばSNSでも情報収集は可能ですが、SNSの情報の中にはデマも紛れており、信ぴょう性に欠けます。

そのため、信頼出来る公的機関や災害関連機関からの情報をスムーズに入手できるかどうかが、非常に重要なポイントとなります。

また、アプリによっては取り扱っている災害の種類も異なります。

お住まいのエリアに必要だと思われる情報を発信しているかどうかもチェックしておきましょう。

防災アプリまとめ

以上、おすすめの防災アプリをご紹介しました。

地震のようにいつどこで被災するか分からない災害はもちろん、ある程度予想のできる豪雨災害など、自然災害は日頃の備えが重要です。

特に情報社会と言われる現代だからこそ、情報収集のできる防災アプリは欠かせない存在です。

緊急時の備えとして、情報収集ツールとして、普段使いのニュース・お天気確認ツールとして……

災害時に活躍するものもあれば、防災に対する知識を深めたい時に活用できるものもあります。

もちろん防災アプリはいくつ持っていても良いので、目的によって使い分けられるよう複数ダウンロードしておくのも一つの手です。

どのような目的で防災アプリを使いたいのかを明確にして、あなたにぴったりの防災アプリを選んでくださいね。

コメント

コメントする

目次