証明写真のおすすめアプリ13選!コンビニ印刷 /背景除去できるアプリを紹介

本ページはプロモーションが含まれています

証明写真アプリのおすすめ

免許証やマイナンバーカード、履歴書の撮影などに必要となる証明写真。

しかし、証明写真が撮影できる場所って意外と身近になくて、困った経験はありませんか?

そして証明写真を機械で撮影すると、なんだか写りがいまいちだったなんてことも。

「写りを確認しながら自宅で手軽に撮影できたら良いのにな」とすら思いますよね。

そこで今回は、スマホで簡単に証明写真が撮影できるアプリをご紹介します!

目次

証明写真をアプリで撮るとバレる?

そもそも証明写真はアプリで撮影して良いものなのでしょうか?

また、アプリで撮ったことがバレると何か問題になるのでしょうか?

結論からお伝えすると、証明写真をアプリで撮ったかどうか判別することは難しく、アプリで撮影していたからといって問題になることはありません。

証明写真が必要となるのは、免許更新やパスポートなど公的文書や、バイトなどの求人へ応募する履歴書を作成する時ですよね。

公的文書作成時には、一定条件を満たせばあらかじめ撮影した写真を持ち込んで良いとされています。

持ち込める写真については、サイズや髪型、背景の指定はありますが、撮影方法については特に触れられていません。

同様に履歴書の写真についても、撮影方法に関しての指定はありません。

いずれの場合も、撮影方法ではなく身だしなみや背景を意識した写真を使った方が良いということです。

【iPhone /Android】コンビニで印刷できるおすすめ証明写真アプリ4選

証明写真をアプリで撮影しても特に問題がないと分かったところで、早速おすすめの証明写真アプリをご紹介していきます!

証明写真をアプリで撮影した際、最も重要となるのが印刷方法です。

せっかくきれいに撮影できていても、プリンターの性能が低ければ微妙な仕上がりとなってしまうためです。

そもそも自宅にプリンターがないという方も多いと思うので、まずは撮影した写真をコンビニで印刷できる証明写真アプリを4つピックアップしてみました。

証明写真作成アプリ

証明写真作成アプリ

引用元:App Store

料金 無料
※アプリ内課金あり
印刷料金
撮影サイズ ・縦40×横30mm(履歴書など)
・縦45×横35mm(パスポート,マイナンバーカードなど)
・縦30×横24mm(運転免許など)
・縦30×横25mm(雇用保険など)
・縦50×横40mm
・縦50×横50mm
・縦30×横30mm
・縦35×横30mm
・フリーサイズ
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法 家庭用プリンター/コンビニプリント
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット

「証明写真作成アプリ」では、マイナンバー、パスポート、履歴書用の証明写真データが簡単に作れます。

その他にも必要な写真サイズを入力すれば、そのサイズの写真を撮影可能ですので、どんな証明写真でも撮影できるのが特徴です。

写真撮影ができたら、美肌加工や明るさの調整を行い、1枚の写真に印刷する写真の枚数を指定し印刷を行います。

この時、1枚のプリント写真中に、異なるサイズの証明写真を入れることもできます。

一度に色々な書類作成をしなければならない時にも便利ですよね。

写真データはJPEGでの保存となるため、コンビニはもちろん家庭用プリンターでも印刷が可能です。

コンビニ証明写真 BiziID

コンビニ証明写真 BiziID

引用元:コンビニ証明写真 BiziID

料金 無料
印刷料金 200円(L判に履歴書用6枚印刷の場合)
撮影サイズ ・縦40×横30mm(履歴書)
・縦45×横35mm(パスポート,マイナンバーカード)
・フリーサイズなど
最小2cm,最大7cmの範囲で選択可能
撮影後の修正 可能
背景の変更
印刷方法 コンビニプリント(ローソン/ファミリーマート/デイリーヤマザキ/セイコーマート)
対応デバイス 各種スマートフォン
※Web版はパソコンにも対応

家族の写真をまとめて印刷する際には、4枚のそれぞれ別個の写真を利用して証明写真を作るファミリーモードを備えた「コンビニ証明写真 BiziID」が便利です。

4人家族であれば、1枚印刷するだけで終わるので、手間もかかりませんし、費用も抑えられます。

証明写真用に写真を撮影しても、結局1枚しか使用せず残った写真は処分することになったりするんですよね。

今までありそうでなかった便利機能だといえます。

撮影サイズは、免許証やマイナンバーといったよく使われるものから、各種証明証写真に対応しています。

それでも自分の欲しい写真のサイズが見つからない場合には、フリーサイズでの撮影もできるので、珍しいサイズの証明写真を求められた時にも活躍すること間違いなし◎

なお、撮影した写真は全国のローソン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ・セイコーマート(一部店舗は除く)のマルチコピー機の写真プリンターで印刷できます。

履歴書用の写真であればL判に6枚印刷して200円というコスパの良さも魅力です。

ローソンではシール紙への印刷にも対応していますので、用途に応じて使い分けてみてはいかがでしょうか。

ピクチャン

ピクチャン

引用元:ピクチャン

料金 無料
印刷料金 200円(1シート3枚)
撮影サイズ ・縦40×横30mm(履歴書)
・縦30×横25mm(運転免許証)
・縦45×横35mm(パスポート,マイナンバーカード)
・フリーサイズなど
撮影後の修正 不可
背景の変更 不可
印刷方法 コンビニプリント(セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/ポプラ/ミニストップ/デイリーヤマザキ/セイコーマート)
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット/パソコン(Mac)

利用実績600万人を誇る「ピクキャン」

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど全国約58,000店舗のマルチコピー機で印刷できます。(一部店舗を除く)

証明書のサイズを選択して写真を撮影したら、プリントの予約番号を受け取ります。

予約番号を持ってコンビニへ行き、マルチコピー機で印刷するだけという手軽さが人気の理由として挙げられます。

料金は1シートに3枚印刷して200円と、証明写真撮影機や写真館を利用するより圧倒的にお得です。

納得のいくまで撮影ができて節約にもなるなんて、とてもありがたいアプリですよね。

また、ピクキャンはアプリのほか、LINEにも対応しています

ピクキャンをお友達登録してトークで写真を送るだけと、こちらも非常に簡単にできますのでおすすめです。

証明写真BOX~プロ並みの履歴書写真をかんたん自撮り

証明写真BOX~プロ並みの履歴書写真をかんたん自撮り

引用元:App Store

料金 無料
印刷料金 120円(L判4枚)
撮影サイズ ・縦40×横30mm(履歴書)
・縦30×横25mm(運転免許証)
・縦45×横35mm(パスポート,マイナンバーカード)など
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法 家庭用プリンター/コンビニプリント/スーパー
対応デバイス 各種スマートフォン

「証明写真BOX~プロ並みの履歴書写真をかんたん自撮り」は、1枚あたり30円以内というコスパの良さが魅力の証明写真アプリです。

手軽かつ安く証明写真を印刷することができるのが嬉しいですよね。

また撮影自体も非常に簡単で、顔と背景を知能的に認識し、顔位置自動調整、背景チェンジができたり、ワンタッチで美肌にしてくれる設定も備えています。

写真の加工や調整にあまり慣れていないという方も、比較的扱いやすいアプリだといえます。

撮影した写真はデジタル版として入手できるため、コンビニプリントの他にも、家庭用プリンターやスーパーでの印刷にも対応しています。

ちょっとしたお出かけのついでに印刷できるのも、証明写真BOX~プロ並みの履歴書写真をかんたん自撮りの人気の秘訣です。

履歴書ごと印刷ができるおすすめ証明写真アプリ3選

バイトの面接など、証明写真だけでなく履歴書も必要という方には、履歴書ごと印刷ができる証明写真アプリがおすすめです。

貼り付けの手間もなく一括で履歴書が準備できてしまうので、複数枚の履歴書が必要な時にも便利ですよ。

履歴書カメラ

履歴書カメラ

引用元:App Store

料金 無料
印刷料金 30〜60円
撮影サイズ ・縦40×横30mm(履歴書)
・縦30×横25mm(運転免許証)
・縦45×横35mm(パスポート,マイナンバーカード)など
撮影後の修正 可能
背景の変更
印刷方法 家庭用プリンター/コンビニプリント
対応デバイス 各種スマートフォン

「履歴書カメラ」は株式会社リクルートのタウンワークがプロデュースする証明写真アプリです。

パスポート、免許証、マイナンバー、履歴書などに使える証明写真が自宅で手軽に撮影できます。

撮影データは自宅にある家庭用プリンターやコンビニで印刷できるので、すぐに写真が欲しい時にも便利です。

さらに履歴書カメラでは、証明写真付きの履歴書としても印刷することができます。

作成したデータをコンビニのマルチコピー機にデータを送信したら、B4サイズ・カラー印刷するだけです。

難しい操作は何ひとつなく、履歴書を用意することができるので、あとは面接などに集中できます♪

また、履歴書カメラをプロデュースしているタウンワークでは、「すらすら履歴書が書けちゃう!レジュメアプリ」の配信も行っています。

求人情報探しから履歴書の作成まで、一つ一つ丁寧にサポートしてもらえるのが嬉しいですね。

履歴書作成(インディード)

履歴書作成(インディード)

引用元:App Store

料金 無料
印刷料金
撮影サイズ 履歴書:B5・A3
職務経歴書:A4
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法 家庭用プリンター/コンビニプリント(ファミリーマート/ローソン)
対応デバイス 各種スマートフォン/パソコン(Mac)

求人情報を取り扱うインディードにも、履歴書作成アプリがあります。

履歴書の内容についてもアプリ内で作成していくことができます。

特に便利なのが、生年月日を入力すると学歴や職歴の年月が自動で入力されるという機能。

入学や卒業した年って、意外と覚えていないんですよね。

自動計算機能を使えば調べる手間もかからず、間違えた内容のまま提出してしまう心配もありません。

履歴書作成(インディード)が面白いのは、履歴書に記入する志望動機や自己PRをテンプレートを参考にして作っていけるというところです。

自分の文字に自信が持てないという方も、綺麗で見やすい履歴書が作ることができます。

テンプレートはアルバイト・パート用と転職用が準備されているので、ご自身の職探し環境に合わせて参考にしてみてくださいね。

そして気になる証明写真のクオリティですが、履歴書作成(インディード)ではAI機能を導入しています。

AIが顔の位置を認識してくれるので、簡単にキレイな証明写真が撮影できます。

気になる点については、撮影後に背景の変更やフィルターの調整が可能ですので、満足のいく証明写真が作れます。

バイトル履歴書アプリ-面接で使えるレジュメ作成

バイトル履歴書アプリ-面接で使えるレジュメ作成

引用元:App  Store

料金 無料
印刷料金
撮影サイズ 履歴書サイズ
撮影後の修正 可能
背景の変更
印刷方法 コンビニプリント(セブン‐イレブン)
対応デバイス 各種スマートフォン

バイト求人情報サイトのバイトルにも、履歴書作成アプリがあります。

バイトルで気になる求人を見つけたら、応募・履歴書作成・面接と一貫して行えるようサポート環境が整っているのが嬉しいですよね。

バイトル履歴書アプリは、履歴書で特に内容に悩む志望動機に、サンプル文章が用意されています。

サンプルから気になるワードをピックアップして志望動機を作っていけるので、履歴書の作成時間の時短にもなります。

ボールペンを手に時間をかけて丁寧に文字を書いていたという方は、あまりの手軽さに驚くかもしれません。

履歴書の内容が完成したら、証明写真の撮影を行います。

満足のいく写真が撮影できたら、好きなサイズに切り抜いて登録を行います。

撮影後、美肌加工ができるようになっているので、キレイな証明写真を作っちゃいましょう!

肌をキレイに加工できるおすすめ証明写真アプリ3選

これまでご紹介してきた証明写真アプリにも、美肌加工やフィルターを備えたものがたくさんありました。

より肌をキレイに見せることにこだわりたいという方のために、ここからは肌をキレイに加工できるおすすめの証明写真アプリをご紹介します。

美肌証明写真

美肌証明写真

引用元:App Store

料金 無料
印刷料金
撮影サイズ フリーサイズ
20×20〜60×60mmの範囲内
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法 家庭用プリンター/コンビニプリント/写真プリントアプリなど
対応デバイス 各種スマートフォン/タブレット

「美肌証明写真」は履歴書用に使える写真を作成するためのアプリです。

そのためアプリ内には写真撮影機能を備えておらず、お持ちのスマートフォンで撮影した写真を取り込んで調整を行います。

取り込んだ写真は明るさ・美肌・彩度を自由に設定することができるため、希望通りのキレイな写真を作ることができます。

写真が完成したら20×20〜60×60mmの範囲内でサイズの設定を行い、証明写真の完成です。

保存した写真データは家庭用プリンターやコンビニ、スーパーなどにあるマルチコピー機を使ってL判で印刷をしましょう。

なお、WEB申請用画像の作成にも対応していますので、簡単操作でキレイな証明写真を用意したいという方におすすめです。

証明写真加工アプリPashatto-パシャット-

証明写真加工アプリPashatto-パシャット-

引用元:App Store

料金 無料
印刷料金
撮影サイズ ・パスポート・マイナンバー:45mm×35mm
・履歴書・その他証明:40mm×30mm
・運転免許証:30mm×24mm
・大判:70mm×50mm
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法 家庭用プリンター/コンビニプリント/写真プリントアプリなど
対応デバイス 各種スマートフォン

「証明写真加工アプリPashatto-パシャット-」は、スマートフォンで撮影した写真を証明写真用にキレイに加工できるアプリです。

まずアプリを立ち上げて写真撮影から行うのですが、頭頂部とあごの部分にガイドラインが入ります。

顔の位置が非常に合わせやすく、誰でも簡単に適当な位置での写真撮影が行えます。

写真の撮影ができたら早速美肌加工を施していくのですが、証明写真加工アプリPashatto-パシャット-の美肌加工は、ナチュラルとキレイのバランスが絶妙で、明らかに加工した感が出ないのが特徴です。

しかし、美肌加工ができるアプリは他にも数多く存在します。

その中から証明写真加工アプリPashatto-パシャット-をおすすめするのは、美肌加工だけでなくスリム加工機能も備えているためです。

スリム加工機能を使えば、気になる顔周りのラインをシャープに整えられ、より魅力的な証明写真が作れます。

また、証明写真を撮影する際、なかなかキレイな背景の場所がなく困ることもありますよね。

証明写真加工アプリPashatto-パシャット-は背景の変更も可能で、白を含めた27種類のカラーから選ぶことができるようになっています。

背景に色を使用しても良い場面であれば、顔色がよく見える背景を選んでみるのも良いですね。

美顔証明写真-きれい写真加工人気カメラ

美顔証明写真-きれい写真加工人気カメラ

引用元:App Store

料金 無料
印刷料金
撮影サイズ ・パスポート・マイナンバー:45mm×35mm
・履歴書・その他証明:40mm×30mm
・運転免許証:30mm×24mmなど
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法 家庭用プリンターなど
対応デバイス スマートフォン(iPhone)/タブレット

とにかく簡単に美肌補正したいという方には「美顔証明写真-きれい写真加工人気カメラ」がおすすめです。

美顔証明写真-きれい写真加工人気カメラでは、肌の色味やトーンをワンタッチで調整ができます。

もちろん自分好みに微調整を行うことも可能です。

背景についてもワンタッチで取り除くことができ、白・青・赤の背景へと切り替えられます。

美肌加工や背景の調整も自分でやろうと思うと意外と大変だったりするので、ワンタッチで行えるのは魅力的ですよね。

さらに美顔証明写真-きれい写真加工人気カメラでは、洋服の変更までできてしまいます。

なんと、スーツや制服といった証明写真に適した格好に切り替えられるんです。

色々と着替えを楽しんでみるのも面白いかもしれません。

背景除去・選択ができるおすすめ証明写真アプリ3選

自宅での証明写真撮影で、意外と困るのが背景です。

なかなか良い背景でありながら、光もちょうどよく差し込む場所ってなかったりするんですよね。

そこで証明写真アプリを使って、背景もあっという間に好きな色に設定しちゃいましょう!

ここまでご紹介してきたアプリでも背景を調整できるものがたくさん含まれていましたが、思ったように切り抜きができない場合もあるようです。

特に背景除去と背景選択に力を入れている証明写真アプリの中から、おすすめの3つをご紹介します。

証明写真-履歴書とパスポートの写真制作

証明写真-履歴書とパスポートの写真制作

引用元:App Store

料金 無料
※アプリ内課金あり
印刷料金
撮影サイズ ・パスポート:45mm×35mm
・履歴書・その他証明:40mm×30mm
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法
対応デバイス スマートフォン(iPhone)/パソコン(Mac)

「証明写真-履歴書とパスポートの写真制作」は、撮影した写真を取り込んで様々な修正が行える証明写真アプリです。

全体の輝度や美白を調整したり、背景色の変更が可能です。

背景色は青・赤・白から選べるので、写真の提出を求められる場に合わせて適切なものを使いましょう。

白い壁紙の前で撮影してもなんとなく不自然な白になりますが、証明写真-履歴書とパスポートの写真制作を使えば面倒な調整もなくキレイな白背景に変えられます。

ただ、写真のサイズ調整が難しいとの口コミが見られるので、他のアプリとの併用をおすすめします。

AI証明写真作成

AI証明写真作成

引用元:App Store

料金 無料
※アプリ内課金あり
印刷料金
撮影サイズ ・パスポート・マイナンバー:45mm×35mm
・履歴書・その他証明:40mm×30mm
・運転免許証:30mm×24mmなど
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法 家庭用プリンター/コンビニプリントなど
対応デバイス 各種スマートフォン/パソコン(Mac)

「AI証明写真作成」はその名の通りAIの技術により、証明写真の加工を行うアプリです。

AIが顔の位置を把握してくれるので、美肌加工も背景の調整も簡単にできるのが、AI証明写真作成の特徴です。

背景の切り替え作業は、うまく行われないことが多く、結局手作業で修正をしなければならないアプリも存在します。

しかし、AI証明写真作成ならたとえ複雑な背景であっても、あっという間にキレイな背景に切り替えることができます。

なるべく時間をかけず背景を変更したい時におすすめの証明写真アプリです。

なお、加工が完了した写真は電子データとして保存しておけるので、コンビニや家のプリンターで印刷して写真にすることができます。

Apowersoft 画像背景消しゴム

Apowersoft 画像背景消しゴム

引用元:App Store

料金 無料
※アプリ内課金あり
印刷料金
撮影サイズ ・パスポート・マイナンバー:45mm×35mm
・履歴書・その他証明:40mm×30mm
・運転免許証:30mm×24mm
・フリーサイズなど
撮影後の修正 可能
背景の変更 可能
印刷方法 家庭用プリンターなど
対応デバイス 各種スマートフォン

「Apowersoft 画像背景消しゴム」は、ワンクリックで、写真の背景切り抜き、文字消し(写真消しゴム)、ぼやけた画像修正ができる画像加工アプリです。

AI技術を搭載しているため、瞬時に画像の中の主体がどこにあるのか判別します。

そのため、不要な部分だけをワンクリックでしっかりと切り取って、背景を変更することが可能です。

背景には白・黒・ピンク・赤・青・グラデーションカラーなどが用意されているので、必要に応じて使い分けてみてはいかがでしょうか。

さらに、写真の背景を透過して透明なpngファイルを作成する背景透過モードや、写真から不要なものを取り除く写真消しゴム、背景の一括切り抜きなどの機能も備えています。

普段SNSに写真をよく投稿する方や、オンラインショップの運営をしている方は持っていて損のないアプリです。

アプリで証明写真を撮るときのコツ

写真館で証明写真を撮影するときは、プロの意見を聞くことができますが、自宅での撮影となるとそうもいきませんよね。

しかし証明写真は、時に自身の印象を左右する材料ともなるため、なるべく満足いくものを用意したいところ……

アプリで撮影したと思えないような証明写真を撮影するには、どういった点に気をつければ良いのでしょうか。

証明写真アプリ初心者さんは、以下の4つのポイントを意識して撮影してみましょう!

  • 服装や身だしなみを整える
  • スマホスタンドを使う
  • 無地の白い背景で撮影する
  • 自然光の入る場所で撮影する

これら4つのポイントがなぜ重要となるのか、詳しくお話ししていきますね。

服装や身だしなみを整える

まず最も重要なのが身だしなみです。

身だしなみや表情はその人の印象を大きく左右します

前髪が顔にかかっていないかや、清潔感のある髪型・メイクができているかを確認しましょう。

前髪が目にかかっていると暗い印象を与えてしまいますし、明るすぎる髪色は印象がよくないこともあります。

直接会って話すことのできない書類選考では、写真での印象が全てですので、できる限り最善を尽くすよう心がけましょう。

なお、履歴書の場合には、基本的にスーツを着用して撮影を行います。

スーツは無地のシャツとジャケットを着用するのが基本です。

その際、中に着るシャツの襟が形崩れしていないか、左右対称となっているか、ゆがみがないかまでチェックしておきます。

もし眼鏡をかけて撮影するのであれば、レンズの反射にも注意が必要です。

スマホスタンドを使う

スマートフォンを持って撮影するのって、意外と難いもの。

そちらに集中しすぎるとどうしても表情が固くなってしまったり、肩があがって洋服がヨレたりして上手く撮影できません。

シャッターを押す瞬間に手が動いてしまって、手ブレしてしまうなんてことも……

そこでぜひ準備して欲しいのがスマホスタンドや三脚です。

スマホスタンドや三脚を使えば、カメラ自体も安定しますし、写真撮影に集中することができます

無地の白い背景で撮影する

証明写真の背景は基本的に白が好ましいとされています。

そのため自宅などで撮影する場合、無地の白い壁を探しましょう。

もし無地の白い壁がない場合には、壁に模造紙を貼り付けるなどして撮影することも可能です。

自然光の入る場所で撮影する

証明写真はその人の印象を決める一つの材料にもなります。

なるべく明るく清潔感のある印象を持ってもらうために、自然光の入る場所で撮影するようにしましょう。

照明の下でも撮影することはできますが、どうしても顔に影がかかってしまい不健康そうに見えてしまいます。

自然光であれば照明よりも自然な顔色で撮影することができますよ。

もし最適な背景の場所で自然光を取り入れるのが難しい場合には、顔の下にコピー用紙など白い紙を用意して撮影するとレフ版効果が期待できます。

証明写真に関するよくある質問

最後に、証明写真に関するよくある質問をいくつかピックアップしてみました。

魅力的な証明写真アプリはたくさんあるけれど、まだ少し不安を感じていて利用に踏み切れないという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

証明写真アプリは危険ですか?

証明写真アプリでは、最大の個人情報ともいえる顔写真を撮影するため安全性が気になるところ。

実際のところ、証明写真アプリに限らず、安全性が高いと言えないアプリもたくさん存在します。

そのため、特に無料のアプリをインストールする場合には、できるだけ名のしれた企業が開発したアプリを選ぶよう心がけましょう。

また、実際に利用した方のレビューも参考になります。

少しでも不安に感じる要素があれば、別のアプリを活用するのが安全です。

証明写真アプリは無料で使えますか?

証明写真アプリは無料で使えるものも多数あります。

全てが無料のものから、より高度な編集を行う場合には課金が必要なものまで、実に様々な種類のアプリが存在します。

先ほど背景変更や美肌加工のできる証明写真アプリもご紹介しました。

SNSをよく利用する方や、オンラインショップを運営する方は、こういったアプリが一つあると便利なので使い方次第では有料版に切り替えるのもおすすめです。

しかし、証明写真を撮影するためだけにアプリをお探しなのであれば、無料版でも十分問題なく使えます。

ライフスタイルや使用目的に応じて、無料版と有料版を上手く使い分けてみてくださいね。

パスポートの写真として利用できますか?

証明写真アプリでは、運転免許証やマイナンバーカードのほか、パスポートサイズの写真撮影も可能です。

しかし中にはパスポート写真のサイズを取り扱っていないアプリもありますので、インストールする前に取扱サイズの確認をしておくと安心です。

自動車運転免許証で利用はできますか?

証明写真アプリでは自動車運転免許証用の写真撮影も可能です。

しかし実際に利用した方のレビューを見ていると、顔までの位置が適正でなかったために使用できなかったとの口コミもありました。

撮影サイズや背景色など細かい部分まで指定がある上に、都道府県によっても決まりがあるため、もしかすると使えないかもしれません。

事前に警察の公式サイトをチェックしたり、手続きする運転免許センターなどに問い合わせておくのが安心です。

まとめ

以上、証明写真のおすすめアプリをご紹介しました。

自宅でできる手軽さが魅力の証明写真撮影アプリ。

撮影には、三脚を準備するなど自分で細かい調整をしなければならないため、少し手間に感じる部分もあります。

しかし、満足いくまで何回でも撮影することができるのが最大の魅力です。

美肌加工などちょっとした修正も可能なので、免許更新での写りの悪さに悩んでいる方もぜひ活用してみてくださいね。

コメント

コメントする

目次